視力向上可能性について

2018/05/15公開

視力回復で気になるのは「はたして私の視力は上がるのだろうか?」だと思います。

開店当初から「屈折度が悪い人は視力の上がりが良くない」という事実は把握していましたが、具体的に数値がいくらならダメなのか?という基準値はありませんでした。

なので、会員さんの300名のデータを分析して「視力向上可能性判定表」を作成しました(「店舗情報」を参照してください)。

あくまでも目安ですが、これがあるのとないのとでは全く違うと思います。

自分の屈折度を把握して、どの位置にいるのかをまずは把握してください。

去年の夏のことですが、屈折度が-4の高校生の女の子が来店されました。

「当店ではお力になれません・・」と正直に言ったところ、お母さんんはその場で泣き出されました。

「もっと早く来ていれば・・」と本人もお母さんも店長馬場も全員が同じことを考えました。

本当に残念です。。

コメントは受け付けていません。